40代女性坐骨神経痛 

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
整形外科では坐骨神経痛と言われ、痛み止めの処方や牽引・電気療法を受けていたが、半年たっても良くならない状態であったとのことで、当院に来院されました。
 
どのような状態だったかというと、日常的に左の臀部から太ももの裏、ふくらはぎに至る範囲で主だるい痛み。また、座っているのがつらいとの訴えとのことでした。
 

検査

整形外科で坐骨神経痛と診断されていたので間違いはないですが、念のため当院でも身体の検査。
 
立位で体をひねって傾ける、仰向けで足を持ち上げるなどで左の腰や臀部、足の後面に痛みが出たため、坐骨神経症状であることには違いないと判断。
 
最初の所見では、後ろから見たときの身体の傾きやねじれ(身体のゆがみ)が著しく、身体に触れると、左の足の筋肉がかなり張っていた。また、腰椎の反りや骨盤の前方への傾きは相当に強かったです。

1回目の整体施術

1回目の施術では、ひとまず体の傾きやねじれを起こしている筋肉を緩めて、無理のない範囲で整えたうえで、足の筋肉を丁寧に緩めました。
 
結果、体を傾けたり足を上げたりしたときの痛みは消え、座ってるのも楽になったとのことでした。ただし、傾き(身体のゆがみ)はまだ残っており、ご自身で行っていただくエクササイズをお伝えして、1週間後にまた来ていただくようお願いしました。

2回目の整体施術

施術はきっちり1週間後。このときの時点で症状の戻りはありませんでしたが、腰や足に違和感があるとの訴え。
 
姿勢を整えるように筋や関節の調整を行い、特に張っていた臀部や太ももの筋肉を緩めていったところ、殆んど症状は気にならなくなったとのこと。
 
セルフケアについては、原因が筋力不足による骨盤の前方傾斜が深く関わっていると判断したため、腹筋と殿筋の筋力訓練を追加でアドバイスしました。

3回目の整体施術

3回目はさらに2週間後。疲れてくると何となく腰や足のだるさを感じるが、概ね楽に過ごせているとのこと。
 
筋力がついてくれば股関節や骨盤周囲の負担が減り、徐々に症状も出にくくなるので、根気強く筋力をつけながら月に1回程度の定期的なメンテナンスで調整していけば、相当に改善すると考えていることを伝えました。
 
以降は月1回のメンテナンスで概ね問題なく過ごされており、以前は遠慮していた旅行にも行けるようになったとのことでした。
 
 
この坐骨神経痛の方は、当院の整体3回で普通に生活できるようにまで改善されました。
 
坐骨神経痛施術は、通常はもっと回数が必要な場合が多いです。10回前後かかることも多くあります。
 
なので3回でここまで改善されるのは珍しいケースではありますが、坐骨神経痛はきちんとした対処をすれば、悩む必要はなくなるということです。
 
なので病院で坐骨神経痛と診断されて、治療を続けていても改善しないのであれば、当院にいらしてください。

連絡先

連絡先