慢性腰痛 60代 男性木材加工業

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
記憶にあるだけで20年以上腰痛に悩んでいるという方が、当院にいらっしゃいました。
 
数年前までは指圧、鍼灸、カイロプラクティックなどに通っていたが、思うような効果は得られず、この数年間は時間制のマッサージサロンで凌いできたとのことです。
 
このところは痛みが強くなってきておりぎっくり腰も頻発しているため、仕事を続けるのに非常に不安があるとのことで、当院に来院されました。
 
整形外科ではレントゲンで腰椎の変形が見つかり、基本的には改善は厳しいとの指摘を受けたそうです。整形外科では痛み止めの処方を受けていたが、ほとんど効果はなかったとのことでした。
 

当院での検査

立位では大きく上半身が左に傾き、肩の高さも左はこぶし半分ほど低くなっていました。
 
背中から腰に掛けては筋肉の緊張が著しく高まっており、指で押し込んでもほとんどへこみを生じないほどでありました。
 
立った姿勢で体を前後左右に曲げたりひねったりすると、ほぼすべての方向で腰に痛みを感じていました。
 
また、仰向けの姿勢でも、足を持ち上げたり左右に傾ける、膝を倒すなどの動きで腰の痛みを感じていました。
 
脊椎の歪みは著しく、それの付随する筋肉の緊張も強い上に整形外科では改善は困難との指摘もあったが、マッサージによる一時的な症状の改善はあるとのことだったため、完治は困難でも施術やご自身での定期的なケアで仕事を継続できるコンディションを獲得することは可能であると判断して、施術に移りました。
 

1回目の施術

1回目の施術では、ひとまず体の側面と両太ももの筋肉を緩めていくと、仰向けで足や腰を動かしてもそれほど痛みは出なくなっていきました。
 
続けて胸や腕の筋肉を緩めていくと、仰向けの痛みはほぼなくなった。
 
しかしながら、立ちあがると体の傾きが強い状態は続いており、立位での腰痛は残っていたため、左に体を傾ける筋群や両側の内ももの筋群をしっかり緩めたところ、多少残ったものの立位での症状も軽減していきました。
 
変形や歪みが強いため、最初数回は週に1回のペースで来るようお願いしたが、仕事の納期の関係で週に1回は厳しいとの答えであった。
 
そこで複数のセルフケアと、仕事の合間や終わりどきにおこなってもらう体操をアドバイスし、可能な範囲で間をあけず来院していただくよう伝えました。
 

2回目の施術

2回目の施術はほぼ2週間後。このときの時点である程度姿勢や症状は戻っているが、以前よりはきつくないとのことでした。
 
2回目のアプローチも基本的には1回目とほぼ同じ個所を重点的に施術しました。2回目が終わって体を動かしてもらうと、腰を回してもつらく無いとのことでした。
 

3回目の施術

3回目以降は2週間~3週間に1度のペースでメンテナンスにお越しいただいています。
 
仕事が忙しいと腰にくるのは変わらないが、以前と比べればだいぶ楽に過ごせるようになり、頻発していたぎっくり腰も出なくなったとのことでした。
 

職業上の身体への負担は、脊椎・体幹の症状を用意に起こします。
 
基本的には負担を遠ざける意味で休息や仕事内容の工夫が必要になるのですが、実際の職場環境ではなかなかそうもいかない方が多いです。
 
そのため仕事上での負担が症状につながっている方には、仕事の合間にもできる体操の指導や、仕事の負担を少しでも減らせる比較的簡単な動作や環境の工夫をお伝えしています。

連絡先

連絡先