産後・育児での不調(産後の腰痛・頭痛)30代女性 出産後半年

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
出産して半年経っているのですが、日常的に右の腰痛と右肩のこり。また、頭痛も時々あるとのことで当院にいらっしゃいました。
 
整形外科には既にいっていて、そこでは特に問題なしとの診断されたそうです。

 

当院での検査

最初の所見では、後ろから見たときの右肩の下がりや右腰の上りが著しく、身体は腰・背中・首がジグザグ状に傾いていました。
 
また肩と腰は逆方向に捩じるような姿勢となっていました。
 
腰は反ったり横に倒したりすると痛み、首は前後左右どちらに傾けても張りを強く感じていました。
 

1回目の施術

1回目の施術では、ひとまず体の傾きやねじれを起こしている筋肉を緩めて無理のない範囲で整えたところ、腰を反る以外は痛みなく可能となりました。
 
首は左に倒したときの張りと上を向いたときの不快感が残っていました。
 
そこで太ももとわき腹の筋肉を再度念入りに緩め、脊椎に操作を加えたところ、症状は殆んど気にならなくなったとのことでした。
 

2回目の施術

2回目の施術は1週間後。このときの時点で頭痛は出なくなったが、首・腰ともに多少の症状の戻りがあるとの訴えでした。
 
前回と同じようにアプローチしたうえで、腹筋運動・ブリッヂ運動・肩甲骨の可動性を高める体操を行ってもらうと、症状はなくなったとの感想をいただきました。
 
セルフケアについては、前回ストレッチをお願いしていたが、新たに腹筋と殿筋の筋力訓練を追加でお願いした。
 
以降は1,2か月に1回のメンテナンスで概ね問題なく過ごされており、家事なども楽にできるようになったとのこと。
 

出産後は一時的な骨盤の安定性の低下に加えて、体幹部や股関節の筋力・柔軟性の低下がそのままになりがちです。
 
また、乳幼児を抱える機会が多いため、脊椎の捩じれも起きやすくなります。
 
出産世代の方は比較的年齢層が若いので症状の軽減自体は早いのですが、よい状態を維持するためのベースとなる筋力や柔軟性を戻すエクササイズがとても大切になります。

連絡先

連絡先