股関節痛

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
股関節痛というものを経験したことはありますか?その名の通り、股関節(足の付け根)に生じる痛みのことです。それに伴って、尻、太ももに痛みや違和感を感じることも多いでしょう。
 
具体的に、こんな悩みがあれば、あなたが股関節痛だと思います。
 

  • 歩くだけで、足の付け根が痛い
  • 階段を昇るときに、足の付け根が痛む
  • 胡坐をかくと、股関節が痛い
  • 足をあげにくいので、ズボンを履きにくい etc

 
この股関節痛というのは、その箇所の痛みだけでなく、その他の身体の不調につながっていくので、要注意な症状で、早く処置した方が良いものです。
 
なぜなら股関節は骨盤を繋がっていて、股関節に痛みがある場合は、身体の土台である骨盤にも問題があることがほとんどだからです。
 
ここではそんな股関節痛について、説明いたしましょう。
 

股関節痛の起こる仕組み

股関節痛まずはなぜ、股関節に痛みが起こるかについてです。
 
股関節に痛みが生じるにはいくつか理由が考えられますが、もっとも多い要因は「骨盤のゆがみ」でしょう。
 
股関節というのは骨盤の中に入っています。その骨盤がゆがむことで、太ももの骨が引っ掛かって股関節が滑らかに動かないようになります。大腿骨がぶつかったり引っ掛かったりしてしまいます。
 
その結果、足を動かすたびに股関節に痛みが生じてるわけです。
 
また同時に股関節周りの筋肉が、骨盤のゆがみによって、引っ張られてしまったり、緊張してしまったりしています。
 
そんな風に、複合的な要素が絡み合って、複雑な痛みになる。それが股関節痛なのです。
 

歩きにくいから、かばって負担が増える

股関節に痛みがでると、とにかく歩きにくくなりますし、立っているだけで痛みがでることがあります。
 
そうすると、その痛みをかばおうとして、通常は負担がかかっていない部位にも負担がかかるようになり、筋肉が緊張して痛みがでたりします。そうすると
 

股関節が痛い

そこを無意識にかばい、別の箇所に負担がかかる

負担のかかる箇所に痛みが出る

そこをかばうように、股関節にもまた負担がかかる

 
という負のループに陥ります。
 
具体的には、なにをやっても良くならなかった腰の痛みや膝の痛みが、股関節痛をまず処置することで、自然と良くなっていったという症例もあります
 
いずれにせよ、股関節痛はなるべく早く処置をするべきでしょう。
 

ルピナス治療院での股関節痛施術

flow3それでは当院では、股関節痛の患者様にどのような施術を行うかというと・・
 
基本的には「ゆがんだ骨盤を戻す」ということを重視します。
 
骨盤のゆがみと聞くと、「ボキボキバキバキ」施術を想像するかもしれませんが、そういったことは一切致しません。
 
骨盤周りの固まった筋肉を緩めていく
 
人為的に太腿・股関節のストレッチを行っていく
 
そうして足の可動域を広げていくことで、自然と骨盤が元に戻っていくのです。
 
ただそれだけでは不十分な場合もあります。
 
首の骨(上部頸椎)のズレで脊髄最上部の神経圧迫が起こっていると、脳の神経伝達が悪くなり、股関節の動きが悪くなることもあります。
 
なので首のゆがみをチェックして、必要であれば矯正していくこともあります。
 
覚えていただきたいのは、股関節の痛みは、何かしらの原因があり、その原因さえわかれば、しっかりとした処置をすることがでい、痛みから解放されえるということです。
 
原因の特定は、ルピナス治療院の得意とするところです。原因不明で股関節に痛みが出ていた患者様も、入念な検査を施術で、解消させてきました。
 
股関節痛で悩まれているのであば、まずはご相談ください。絶対にその痛みには原因がありますから。一緒にがんばっていきましょう。

連絡先

連絡先