40代男性 椎間板ヘルニア  デスクワークがお仕事

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
1年半前から腰痛と足の痺れが出て、整形外科でMRI診断を受けたところヘルニアの診断が出て困っている患者様がいらっしゃいました。
 
幸いオペの必要はないといわれたそうなのですが、コルセットや筋力訓練・ストレッチの指導を受けても、症状が少し軽くなった程度。辛い状態は続いていたそうです。とにかくコルセットは常につけていないと厳しいとのことでした。
 

当院での検査

当院で神経根のストレステストを行ったところ、太ももやひざ裏の筋肉のツッパリ感はあったものの、激しいシビレや電撃痛はなかったため、ヘルニアそのものはある程度落ち着いていたものと判断し、施術に入りました。
 
最初の所見では、右半身は右の肩と骨盤が引き寄せられて縮んでいた上に、上半身は骨盤の右側へ33cmほど偏っていました。また猫背気味で頭はかなり前方に突き出ていました。
 

1回目の施術

1回目の施術では右半身を引きつけている筋肉を緩めるとともに、股関節や太ももの前面の筋肉を緩めることで骨盤や胸郭の位置を整える方向で施術を行いました。
 
この状態で改善はあるがまだツライとのことで、今度は胸周りの筋肉を緩めたところ、施術の後はかなり動くのは楽になったとのこと
 
施術後に少し歩いてもらい、体が楽になった状態での動作感覚を感じてもらった。セルフケアは胸・股関節・太ももの筋肉を緩める方法をアドバイスしました。
 

2回目の施術

2回目は6日後。以前よりは楽になったが、長時間のデスクワークはつらいとのこと。
 
姿勢的にもある程度の戻りがありました。再度姿勢を戻すアプローチを行ったが、その際に特に股関節前面とわき腹の筋肉を念入りにリリースしました。
 
施術の締めに下腹部の筋肉に力が入りやすくなるよう刺激を入れたら、前にもまして動きやすくなったとのこと。腹筋と骨盤底筋群のエクササイズをアドバイスしました。
 

3回目の施術

3回目は10日後。概ね無理なく過ごせており、以前よりは仕事に向かうのがつらく無いとのこと。
 
コルセットもデスクワーク時のみの装着で問題は出ていないとのこと。
 
初回に行った神経根のテストも問題はなくなっていた。今回の問題を期にジムに行くことにしたとのことだったので、当面は水中ウォーキングや軽めの重さで行ってもらうよう伝えました。また、コルセットも少しずつ外す時間を増やすように伝えました。
 
以後は疲れが溜まって気になるときのみ来院されるペースでのメンテナンスで問題なく過ごせていらっしゃいます。
 
 
ヘルニアは体の前後・左右の傾きがかなり症状の強さに影響するので、その点を考慮した施術と運動指導が重要です。
 
また、コルセットに対する依存を生じやすいのも特徴で、慢性化した痛みは心理的なトリガーを外すためにもセルフケアや少しづつのコルセット離脱で、メンタル面からコントロールするのも必要になります。

連絡先

連絡先