お辞儀をすると痛い? 起き上がると痛い?

腰痛の方を診ていると、体を前に曲げるとつらいタイプと体を起こすのがつらいタイプで分かれることが多くあります。
 
厳密には両方とも痛みがあるにはあるのですが、両者を比較すると、「どちらかがより痛みが出る」というのがよくみられます。
 
筋肉の問題からこの症状を見たとき、前曲げがつらいケースでは中殿筋・小殿筋が、起き上がりがつらいケースでは大腰筋を緩めることで軽減することが多いです。
 
おじぎのつらさは、中殿筋・小殿筋によって骨盤の動きが制限されて、仙腸関節部で仙骨と腸骨の動きにギャップが生じて関節の受容器を刺激しているのではないかと思います。
 
起き上がりのつらさは、短縮した大腰筋が起き上がりで伸ばされるときの痛みが、脊髄神経の支配髄節が同じ腰方形筋の痛みとして認識されるのではないかと思います。
 
施術に際しては、緩める筋肉を探るヒントとするとともに、日常生活からこういった筋が偏りやすい姿勢が多くないかを確認して指導することが重要となります。
 
特に座り方や座っている時間、座ってする作業がどんなものか、といった点は影響が多いと思われます。
 
ちなみに後ろに反る、いわゆる後屈で痛みが出る場合は、股関節の屈曲させる大腰筋・腸骨筋・大腿直筋・中殿筋や小殿筋の前部が縮んでいることが多く、トリガーポイントの関連から大腿部や膝の痛みが併発することも少なくないです。

連絡先

連絡先