足首の内側の固さと膝の痛み

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院ルピナス治療院です。
 
先日のことですが、とある70代の女性の患者さんを診る機会がりました。
 
その方は数年前に脳梗塞を発症して右半身の麻痺があったのですが、当院には麻痺のない左の膝が痛むとの訴えで来られました。
 
立ち上がるときや歩いて足を踏み込むときがつらいとのことで、膝の内側のやや上方を指で圧すると、痛みで顔をしかめていらっしゃいました。
 
脳梗塞や脳出血後の関節の痛みというと、麻痺の起きている側に起きるものだと思われがちですが、この方のように麻痺のない側の関節が痛むことも少なくありません。
 
うまく動かせなくなった身体を日常生活で使っていくうちに、頑張っている非麻痺側の関節や筋に病気の発症する前よりも負担が掛かってしまうからです。
 

痛みの箇所を確認してみると・・・

さて、この方の痛みをもう少し詳しく診てみると、圧痛こそ膝の上方ですが、体重を掛けたときに生じる痛みは脛の方にも及んでいました。
 
すねの痛む疾患としてはシンスプリントと呼ばれる、脛骨骨膜の炎症が有名ですが、この方もすねの内側を指で圧迫しながらこすり上げると、強い痛みが出ました。
 
ですが、ここでシンスプリントと考えてしまうのは早計です。
 
なぜなら、シンスプリントは脛骨の病変であり、膝の痛みとは区別して考える必要があるからです。
 
押して痛むということは、その部位の組織に何らかの異常があるということです。
 
そこで今度は、押して痛む場所がどこまで続いているのか辿っていくことにしました。
 
そうすると、圧痛の場所は足首の内側にある三角靭帯にまで及んでいたのです。
 
特に前部の線維である前脛腓靭帯・脛舟靭帯の固さが目立ったので、この箇所を重点的に緩めていったところ、思ったよりもあっさりと圧痛や荷重痛が消えました。
 

解剖学的見地から見てみると

今回の症状を解剖学的見地から考えてみますと、足部のアライメント異常が三角靭帯の過緊張・機能不全を起こし、その緊張が大腿~膝~下腿内側の筋膜・骨膜の連結により上方へと波及していき、横方向への可動性に余裕のない膝に最も症状が強く出たのではないかと考えています。
 
大腿~膝~下腿内側の筋膜・骨膜の連結については書籍などで明記されたものはないのですが、何人かの臨床家の方が言及していたのを聞いたことがあります。
 
恐らくではありますが、麻痺の生じた体をコントロールするために常日頃から身体の重心が非麻痺側に偏ってしまい、非麻痺側の足底の中でも重心はより外側に偏っていたのだと思われます。
 
そして、常に足の外側に重心が寄ってしまっていることにより、足首を内側に返すモーメントが生じ、結果として足首の内側の靭帯が縮んでしまったのでしょう。
 
こうして生じた足首の靭帯の緊張が、上述した筋膜・骨膜の連鎖を通じて膝の症状を起こしていたと思われます。
 
このような症状は、足底のアーチが低くなっている方や、ゴルフスイングなどの片側に捻る動きが多いスポーツをされている方にも見られることがあります。
 
足元の重心コントロールが機能的になされるには、足底のアーチがしっかりしていること、身体重心を上手に動かし重みを受け流せるように体幹・脊椎の柔軟性が確保されていることが大切だと考えます。
 
膝の痛みが気になるけどレントゲンは何もなかった、という方は、こうした点を見直してみてもいいかもしれません。

連絡先

連絡先