妊娠・出産と体の歪み② 産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院ルピナス治療院です。
 
前回は、出産後のママさんの身体の不調について、骨盤の拡大という観点でお話しをしました。
 
出産によって骨盤が拡大した結果、骨盤が安定化しなくなってしまい、様々な身体の不調につながっているのです。
 
今回はそんな不調をどのようにすれば対処できるのか、それについてお話ししましょう。
 

産後の身体の不調を整える整体 骨盤の安定化

身体バランス・コンディショニングを診ている立場から言うとすれば、姿勢の歪みを但し、不安定な個所を補強するように適切な筋力強化を行う必要があります。
 
姿勢の歪み関しては、個別性が強い点ではありますが、恥骨結合の離開が問題になりやすい点を考えると、内腿の筋肉の柔軟性はチェックしておいた方がいいと思います。
 
また、骨盤の安定性が悪い時期は捻じれるような歪みを生じることが考えられますので、股関節の前面と後面お筋肉の柔軟性が左右で同程度であるのも重要となります。
 
加えて妊娠期は胎児が腹腔内にいることで腹筋が伸びきるうえに腹腔重みも身体の前下方にかかるので、骨盤が前傾し易くなります。
 
前傾した骨盤では体を支えるのに股関節横の筋肉が不自然に働き、故障しやすいので、この個所も見ておく必要があります。
 
20150302180100f37
 
結局のところ、股関節に関わる筋群は前後左右度の方向にも左右差なく十分な柔軟性が確保されている必要があるということですね。
 
逆に筋力強化ですが、恥骨結合を直接的につなぎ合わせる筋肉はありませんが、腹斜筋・腹横筋・胸背腱膜などはてこの原理で間接的な安定性に寄与します。
 
ですから、通常の腹筋背筋に加えて、体幹部をツイストする動きも、無理のない範囲で取り入れるのが理に適っているかと思います。
 

体幹部を整える

こうした骨盤の安定性に考慮するのに加えて、脊椎や肋骨などの体幹部全体を見ての前後・左右・捩じりのバランスを整えることも大切になります。
 
こうした全身のバランスについては、中々自己診断が難しいところでもありますので、可能であれば専門家の助言・指導を受けるのが望ましいでしょう。
 
また乳児の世話については、可能な範囲で抱える手を入れ替えたり、適宜赤ん坊を寝かせて自分はストレッチするなどして、骨盤以外の脊柱や肩甲帯にも無理な状態が定着しないようにしていただければと思います。
 

セルフケアも重要です

運動についてですが、上述の筋力強化に加えて、歩行は下肢・骨盤帯の機能回復、産後うつの予防に有効であるとの報告はいくつかあります。
 
但し、先に述べたように産後の骨盤は構造的に不安定ですので、その状態で垂直に体重を加えて骨盤を捩じることになる歩行は、症状に注意して行う必要があるといえます。
 
骨盤の構造のみに限定していえば、産後専用の骨盤ベルトを装着して歩行を行うことが望ましいのですが、産後の悪露(子宮からの血液排出)に対しては骨盤ベルトは良くない影響を懸念する意見もあるので、ご自身の出産に関った施設・機関で相談するのが安全でしょう。同様の理由で水中ウォーキングも骨盤に対しては良いのですが、実施には相談・検討が必要と思われます。
 
女性の方だとヨガやピラティスに熱心な方もいらっしゃるかと思いますが、そうしたエクササイズの中には左右の下肢のポジションが大きく異なったり、骨盤を強く反らせる・捩じるポーズもありますので、ご自身お身体の状態と指導者のかたとよく相談しながら行ってください。
 

適切な産後の処置を

当院のような整体・コンディショニングは、産後靭帯の状態が落ち着く4ヶ月目以降が適応となるかと思います。
 
逆に早期に施術を繰り返すと、過剰な運動性が出たときにその状態から戻らず、慢性的な不安定化につながる恐れがあります。
 
産後の間もない時期は、筋力の回復を第一に考え、ベルトなどの補助具を適宜使用するのが良いと考えます。
 
産後の不調は骨盤・体幹部の機能不全にアプローチすることで改善が見込めるケースも少なくありません。気になった方は専門家に相談してみるのも手です。
 
当院も、身体機能・バランスの観点からお母さんの体調管理のお手伝いをし、母子ともに健やかな生活が送れるよう、お力になれる治療院でありたいと思います。

連絡先

連絡先