姿勢を正すコツのようなもの

ここのところ長い記事が続いていたので、今回は小ネタを一つ。姿勢についてです。
 
よく「姿勢を正す」「姿勢を伸ばす」などといわれますが、よい姿勢をとろうとすると上手く自分の姿勢をコントロールできないケースも少なくありません。
 
よくありがちなのは、腰部や背部の伸筋群に無理に力を入れて立つ姿勢。何だかシャチホコばって背中を反らせようとして、体が震えてしまう方もいます。
 
こうした「姿勢が悪い?背中が曲がっているから」という考えは正しい面もありますが、そこから「背中が曲がっている?背中や腰の筋肉が弱っている」という考えに固執してしまうと、思うように改善しないばかりか、かえって節々に痛みが出たり、消耗しやすくなったりしてしまいます。
 
前に倒れるのだから後ろに引けばいい、という考え方は、姿勢保持を筋力の側面だけでとらえている考え方です。実際のところ、筋力の低下もありますが、個人的には感覚の問題も少なからず影響していると考えています。
 
姿勢・バランスというものは、自分の位置が空間に置いて正しい位置にあるかを認識したうえで生じる働きです。
 
ですから、ご自分の正常な位置感覚がズレてしまっていたり、重力をうまく感じられなかったりすると、何となくの理屈で対処してしまいがちです。
 
特に姿勢に問題を抱えていらっしゃる方は、長年の積み重ねで3次元的な自分の中心の位置や、荷重感覚・関節位置覚がズレてしまっていることが少なくありません。
 
 

じゃあ姿勢を良くするために、どうする?

ではどうすればいいのか?ということになりますが、私は姿勢か然を促す際の始めの一歩として、「荷重位置から地面を真下に押す」という指導をさせてもらっています。
 
人間は地上にいる限り、必ず重力の影響を受けます。
 
姿勢や動作は重力という環境に適応する側面も強いので、まずは重力の方向を感じてもらおう、ということです。
 
具体的には、立位であれば両足の母指球、坐位であれば左右の坐骨で、接触している地面や座面を真下に押すように意識してもらいます。
 
【母指球 図】
sisei_blog1
 
 
【坐骨結節 図】
sisei_blog2
 *青矢印のポイントが坐骨結節
   座って下からお尻を触れると、固い塊があります
 
 
このとき顔は正面に向けるように言いますが、決して「姿勢をまっすぐになるようにしてください」と言わないのがポイントです。
 
こうして荷重を感じやすい部分で「真下」を感じてもらうことで、全身の姿勢を重力に対応する反応として引き出すのです。
 
この方法ですと、特に体に力を入れなくても意外に背筋が伸びてくるのが分かると思います。
 
背筋がきちんと伸びているかを確認するには、壁際でかかとを壁につけて立ってみます。
 
かかとを壁につけて立ったときに、頭や肩が壁に付かないようであれば、足元から頭部のいずれかの関節機能に問題があると考えられますので、一度当院にご相談いただければと思います。

連絡先

連絡先