ぎっくり腰・寝違えの施術についての考察② 施術

八千代市・八千代緑ヶ丘のみなさまこんにちは! ルピナス治療院です。
 
昨日まで、ぎっくり腰・寝違えについて色々とお話ししてきましたが、今回はとうとう施術内容の話をさせていただきます!
 
 

ぎっくり腰・寝違えの傾向

経験上の話なのですが、ぎっくり腰や寝違えには、一定の傾向があるようにみえます。
 
ぎっくり腰の場合

ぎっくり腰では、身体を前に倒すのがつらい場合は中殿筋・小殿筋の過緊張が元になっているケースが多いようです。
 
メカニズムとしては、中殿筋・小殿筋の過緊張→骨盤の後傾方向への力→お辞儀の動きで仙腸関節の動きのギャップ→仙腸関節の受容器刺激由来の痛み、が考えられます。
 
逆に体を起こすのがつらい場合は、腸腰筋の過緊張が原因のケースが多いです。
 
メカニズムとしては、腸腰筋は体幹の屈曲に作用しますので、逆に伸ばす場合は伸長のテンションが掛かります。
 
足などが攣ったときを思い出していただけると分かりやすいと思いますが、異常に緊張した筋を伸ばすのは相当に痛みが出ますし、伸ばすのにもかなりの伸長をしばらく加える必要があります。
 
腸腰筋のうち大腰筋は神経支配髄節が腰方形筋と同じで痛みが背面に放散しやすいため、腰痛として現れるのだと思います。*放散痛は腰の他に鼡径部にも出やすいです。
 
腸腰筋、特に大腰筋は1~3腰椎から股関節を跨いで大腿骨についている複雑な構造の筋ですので、単純に伸ばそうと思っても、自力では容易ではありません。
 
また過緊張だけでなく筋の損傷も伴っていると、無理なストレッチは却って筋の負った傷を広げることになります。

 
 
寝違えの場合

寝違えを診ていくと、胸郭・胸椎の運動異常が併発しているケースが多いです。
 
胸郭や胸椎には、首の運動に関与する筋が多くついています。
 
代表的なものでいえば、前面は胸鎖乳突筋、側面は斜角筋、後面は僧帽筋・最長筋・肩甲挙筋などがあります。
 
以前の寝違えの治療法の記事でも述べましたが、首の痛みは首の組織そのものが異常があるのではなく、胸郭の動きが悪い結果各筋や関節に過剰な負担となっているケースが多いです。
 
ですから、圧痛などを調べていくと意外に大胸筋や大腰筋、腰方形筋、果ては臀部筋群や下腿の筋群に強く出ることも少なくありません。
 
こうした筋の緊張異常に対しては、徒手療法で対処するとスムーズに回復しやすいことが多いです。
 
但し、直接的に筋に機械的な刺激を与えるのは慎重になる必要があります。なぜなら、上で述べたように筋の損傷を伴っている可能性もあるからです。
 
こういったケースでは、筋に圧痛が認められたら、筋に対して低刺激であるポジショナルリリースや関節モビライゼーションから始めます。このとき、必ずしも痛みがある部位を行うのではないことに注目してください。
 
また、ストレッチを行うにしても、初回の施術では中間位をしばらく保持する程度がいいと思いいます。
 
こうして痛みが軽減できたことを確認できれば、当面の間は激しい動きを避けるよう指導します。これは万一筋が損傷していた場合に今以上の損傷を避けるためです。また、炎症を防ぐために、風呂などの加温も避けるようにします。

 
 
因みによくあるベルトや頸椎カラーは、無意味とは言いませんが特に必要はないと考えます。
 
なぜなら、こうした装具は安定性を担保するものであり、筋の過緊張に対しては意味がないからです。
 
但し、筋の損傷や炎症がある場合は筋にかかるストレスを避けるために、日中の活動時間帯のみ・2~3日を条件に装着してもよいと思います。
 
それ以上の装着は筋の循環を阻害したり萎縮を促す恐れがある上に、装具に対する依存心を育ててしまうので、益よりも害が多いと思います。
 
ぎっくり腰や寝違えは、早期に適切な治療を行えば、そう時間がかからずに軽快する症状であり、徒手療法の得意分野でもあります。
 
逆に中途半端に固定や薬で対処し続けると、筋の攣縮→血行不全→炎症→不良姿勢→慢性化につながりやすい症状でもあります。
 
また、こうした症状の背景には普段の偏った身体への負担が隠れていることがほとんどです。
 
こうした点も治療をしていけばおのずと見えてくる部分ですので、そうした生活への指導も徒手療法家は得意な領域だと思います。
 
もしこれまでの記事で自分の症状が徒手療法に合いそうだと思ったら、ぜひ当院にご相談ください

連絡先

連絡先