秋は体調を崩しやすい季節です

秋というと、何をするにも丁度よい季節というイメージがあると思います。
 
曰く、スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋...皆さんもスポーツに、行楽に、宴会にとご予定を立てられている方がいらっしゃると思います。
 
一方で、秋は環境の変化やその他の理由で体調を崩しやすい季節でもあります。
 

疲れやすい、体力が低下した
だるい、やるきがでない
風邪をひきやすくなった、胃腸の調子が悪い
頭痛・めまいがする etc

 
こうした一連の症状は秋バテとも呼ばれ、秋には不釣り合いながら結構な人を悩ませているようです。
 
さて、この秋バテという症状、どうしておきるのでしょうか?その原因の一つとして考えられているのが、自律神経の不調です。
 

自律神経って、何?

自律神経系は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、代謝のような不随意な機能を制御するのが仕事です。
 
自律神経系はホルモンによる調節機構である内分泌系と協調しながら、生体としての身体の維持、俗にホメオスタシスと呼ばれる機能の維持に重要な役割を果たします。
 
自律神経は交感神経と副交感神経という2つの神経系統からなっています。
 
この2つの神経系は主に内臓や血管・呼吸器系を支配し、気温や気圧等の環境の変化に対して血圧や体温を調節して対応したり、呼吸・循環・消化といった内臓系の働きをコントロールしたりしています。
 
この調節やコントロールは2つの神経系が必要に応じて活発化・抑制化を入れ替えるように働かせることで行っているのですが、秋口になるとこの神経系がまいってしまうことがあるのです。
 
 

なぜ自律神経がまいってしまうのか?

理由としてはいくつか考えられるのですが、まず挙げられるのが寒暖の差です。
 
秋は朝夕と日中の気温の差が大きい季節です。
 
人間は恒温動物ですので、気温の変化に対しては自身の体温を一定に保つように働きますが、この働きには自律神経系が重要な役割を果たします。
 
加えて今年の秋のように、猛暑から一転して寒暖差のある季節に急に入ると、これも体温調節を担う自律神経系には負担となります。
 
このことから、秋の寒暖差は体温調節に働く自律神経系を酷使することになり、疲労した神経系はその機能が衰えてしまうのです。
 
次に考えられるのが夏の間の疲れ。
 
夏の暑さはそれ自体が体温調節機能に負担をかけますが、さらに終日のクーラーや、頻繁に冷たい飲み物を飲むことが、血管や内臓に負担となります。
 
当然それらの器官の恒常性を維持する自律神経系にも負担がかかり、徐々に疲労が蓄積され、秋の寒暖差が止めを刺す、ということになるのです。
 
他には行楽や宴会での胃腸の酷使もあります。
 
秋になると行楽や宴会の機会も増え、飲み食いで胃腸を酷使する場面も多くなります。
 
暴飲暴食とまでいかなくても、こうした場ではどうしても食事も飲み物も量を重ねがちになるもの。
 
また、こういう場で出る食べ物は揚げ物などの油っこいものが多くなりますし、飲み物も暖かいものをのむには少し早い季節ですので冷たいものが中心となります。
 
こうした食事は当然胃腸の負担も大きく、消化器系の機能を調節している自律神経系にも負担となります。
 
要は様々な秋ならではの要因が自律神経系を酷使し、疲れ果ててしまったために果たすべき機能を果たせなくなり、結果として体温調節以外にも血圧・消化・呼吸その他もろもろの機能まで低下してしますのが、所謂秋バテです。
 
ではどうすればよいのかということですが・・・ それはまた次回にでも・・・・

連絡先

連絡先