妊娠中の頸部痛・腰痛 20代女性

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
日常的に首や腰を動かしたときに痛むとの訴えで、当院にいらっしゃいました。妊娠3か月目で、2か月目くらいから症状がつらくなってきたとのことでした。
 
整形外科でレントゲンをとったが得に異常はなし。妊娠中ということもあり、骨盤ベルトは使用できず、痛み止めの服用は控えていたそうです。
 
代わりに機械での温めや電気療法、腰や首のマッサージを受けていたが、特に改善はなかったので、当院に来たということです。
 

検査をしてみると・・・

無理のない範囲で立位で首や体を前後左右に傾けたりひねってもらうと、特に前後や捻りの動きで痛みが出ました。
 
姿勢をチェックすると、肩や骨盤の左右の高さにかなりの差が出ており、また妊娠中ということもあり腰椎の反りや骨盤の前方への傾きは相当に強かったです。
 
腹部を触れるわけにはいかないので他の箇所をチェックしたところ、首や腰の張りが強いのは当然ながら、太ももや胸の筋肉も固く張っていました。
 

施術1回目

一見して骨盤周囲筋と胸郭付着の筋群の機能不全による腰椎や頸椎のロッキング(ゆがみ)が疑われました。
 
通常の施術では腹部を含めて体幹部の筋群へのアプローチが必要なのですが、妊娠中であることを考慮し、仰向けないし横寝の姿勢で胸郭上部や大腿・下腿の筋群にアプローチして間接的に腹部深層の筋群のコンディションを整える方法を取りました。
 
1回目の施術で腕・肩・足と腰の一部の筋肉を圧痛がないところまで慎重に緩めたところ、首や腰を動かしたときの痛みはひとまず消え、立っているのも楽になったとのことでした。
 
ただし、症状の原因は妊娠の影響が強く今後胎児の成長に伴いその影響も強くなるが、一方で施術できる内容は限られてくるため、自宅で出来るケアとして、仰向けもしくは横寝でパートナーに行ってもらえる足や腕の筋肉の指圧ケアを伝え、併せて首や腰に掛かる負担を減らす生活上の注意点についてお伝えしました。
 

その後の施術

その後2~3週間に1度のペースで3回施術を行いました。
 
施術後はある程度は良好な状態は維持できるとのことであり、また、パートナーに行ってもらう指圧も概ねよい効果を出しているご様子でありました。
 
そして数ヶ月後、無事元気な女の子が産まれたとのご報告をいただきました。
 
※妊娠期は母体と胎児の状態に影響が及ばないようにすることが最優先になりますので、施術やセルフケアの内容は限定的にはなりますが、アプローチの方法を工夫することでコンディションの改善を図る余地はあります。
 
また、妊娠期から体のバランスについて施術を通して理解を深めることで、出産後のコンディションの回復に役立てることもできるようです。
 
なお、基本的に産科医の指示が最優先となりますので、当院としては支持というよりは意見を提案するというかたちになります。

連絡先

連絡先