腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気なのか

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院ルピナス治療院です。
 
今回は「ヘルニア」についてお話ししようと思います。

腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気なのか

「ヘルニア」とは、体内の組織・器官などが、本来あるべき部位から「脱出・突出」した状態を指します。
 
腰椎椎間板ヘルニアとは、腰椎の骨と骨の間にある椎間板という組織の外周が破れて、内側の組織が漏れ出た状態です。
 
椎間板の内容物が漏れ出る先は、脊髄神経の通っている脊柱管の中です。
 
漏れ出た内容物が脊髄神経を圧迫し刺激することで、種々の症状を引き起こします。
 
〈椎間板について〉

椎間板の構造は、中央にゼラチンのような、やわらかい弾力性のある髄核(ずいかく)という部分があり、その周囲には繊維輪(せんいりん)という、比較的かたい軟骨が幾重にも囲んでいる構造になっています。
 
椎間板は、椎体(ついたい)と椎体の間にあって、背骨・脊柱に加わる衝撃をやわらげるクッションの役目をしています。
 
脊柱に上下から加わる力を全体に均一に分散させ、衝撃をやわらげているのです。

 
1
 
2

どんな症状が出るのか

腰椎椎間板ヘルニアの症状で多いものを以下に示します。
 

・痛み、しびれ・・・腰痛、下肢の痛み・しびれが起きます。腰痛が起きないケースでも、股関節痛はあるということもあります。

 

・筋力低下・・・圧迫を受けている脊髄のレベルに応じた筋肉の筋力低下を起こすことがあります。

 

・筋緊張の異常・・・筋肉の緊張が高くなるケースでは、こむら返りなどの過剰緊張による症状が現れることがあります。

 

・感覚障害・・・突出部位の高さに準じた感覚の低下が起きることがあります。

 

・膀胱直腸障害・・・重症化した症例では排尿や排便が障害されるケースもあります。

 

・その他・・・デンジェラ症候(せき、くしゃみ、あるいは排便時にいきんだりするだけでも痛みが強くなる)、性機能の低下、歩行障害

 

椎間板ヘルニアの原因

原因としては不良姿勢と体幹部の筋力低下がよく言われます。
姿勢に関しての一般論としては、
 
・体幹を前屈させる姿勢や座った姿勢は椎間板内の圧力を上昇させるため、体を前に傾けたりする作業や、長時間のデスクワークはリスク要因になる。
 
・腰椎椎間板ヘルニアの患者は体幹の前方傾斜が強く、腰椎前弯が減少するとともに、左右どちらかへの側弯を呈する傾向にあるといわれている。またこうした姿勢傾向を示す患者の症状は重症であることが多いとされている。
 
・腰椎屈曲位での体幹回旋は、椎間板線維輪の負荷を増大する。
 
などがよく挙げられます。
 
また、腰椎模型を用いた圧力の分布測定研究では、中間位姿勢・前屈・後屈位ともに椎間板の後方、つまり背中側の方に負荷が大きく働いていることがわかっています。
 
このことから椎間板は常時背中側の方が負荷を受けやすいために劣化しやすく、ヘルニアが起こりやすいと推測されます。
 
実際の椎間板の線維輪部分が背面中央部で密な構造をしており、これは強い応力に備えるための構造といわれています。
 

椎間板ヘルニアの経過

腰椎椎間板ヘルニアは、その突出が軽度であれば自然に治癒することも少なくありません。
 
脊柱管内に突出した椎間板の内容物(髄核の一部)は、脊髄内に侵入してくるマクロファージが食べてくれることで、少しずつ減っていきます。
 
内容物が飛び出る際に敗れた椎間板の外周部(線維輪)は、突出物が除去された後にコラーゲンの繊維が埋める瘢痕化という過程を経て修復されていきます。
 
こうした自然治癒するケースがある一方で、症状や患部の状態に応じて手術療法が選択されることもます。
 
一般に重度の筋力や感覚の低下があるか膀胱直腸障害などの日常生活に支障の出る症状があるときは、手術が選択される傾向にあります。
 
手術を行わない場合は鎮痛剤や物理療法、リハビリといった保存療法で経過をみることになります。
 

当院の椎間板ヘルニアへのアプローチ

当院に腰椎椎間板ヘルニアでご来院された場合は、まず徒手療法や運動療法の対象であるかを検討します。
 
問診や徒手検査などで状態を把握して検討しますが、症状によっては整形外科の受診をお願いすることもございます。
 
当院で治療を行うに当たっては、基本的にヘルニアの突出部が自然に戻るのを後押しする方向でアプローチを行います。
 
上で述べたように、ヘルニアは重症でなければ自然治癒していきます。
 
このとき大切なのが、①椎間板にかかる負担を減らして今以上の突出を減らすこと、②椎間板の変性以外の要因を可能な限り除去して症状の軽減を図り機能障害を最小限にとどめること、の2点になります。
 
具体的には

 ・椎間板の負荷を増大させる腰椎の後弯姿勢を軽減するための筋骨格調整
 ・神経以外の痛みなどの症状の原因となりやすい、過剰で不均等な筋緊張の軽減
 ・椎間板の回復を妨げる背部筋群過緊張の弛緩・軽減
 ・状態悪化を招く恐れのある姿勢や動作を見直すための指導や、筋力訓練の指導

 
を行っていきます。
 
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板という脊柱にある構造物が物理的に壊れて破綻して生じる疾患です。
 
ですから、破綻の影響をある程度抑えることはできても、破綻そのものは自然治癒に任せるか手術で物理的に除去するほかはありません。
 
手術療法の選択は整形外科の医師の判断によりますが、手術を行わない場合は単に鎮痛剤や温熱・電気などを行ってもそれほど効果はありません。
 
また、単純な腹筋背筋運動もやらないよりはいいのですが、身体機能の状態に即していないと効果が薄いか一時的な痛みの増悪などをきたすことがあります。
 
大切なのは、ヘルニアを患った身体機能の状態に合わせて、筋肉・骨格・姿勢の調整を行い体の負担を軽減して最大限度の回復を促すこと、そして悪化や再発を防ぐ適切な動作や活動を実践していくことです。
 
もし、ヘルニアの診断があって保存療法を選択したが思うように効果が上がらない、という方は、一度アプローチを見直す意味でも当院にご相談いただければと思います。

連絡先

連絡先