股関節と膝関節が同時に痛むという患者様 ~大腿骨頭壊死~

八千代市八千代緑が丘のみなさま、こんにちは!八千代緑が丘の整体院、ルピナス治療院です。
 
先日のことです。1年ほど前から、右の股関節と膝が痛くてまともに歩けない、という70代の女性がいらっしゃいました。
 
試しに仰向けで右足を曲げ伸ばししてみると、痛みはそれほどではないのですが可動域は明確に左足よりも低下しているようでした。
 
また、足を曲げているときも伸ばしているときも股関節が痛むとのことでした。
 
普通はポジションが変わると痛みは変化するものなのですが、そうした現象は見られませんでした。
 
お話を伺ってみると、数年前は腰の痛みで整形外科を受診されていたそうなのですが、そのときには股関節や膝の異常は指摘されていなかったそうです。
 
そこでひとまず、慎重に筋肉をゆるめる整体を中心に施術を行ったのですが、どうにも反応が芳しくない。
 
ある程度の症状の軽減はみられたのですが、目立った変化が得られなかったんです。
 

上前腸骨棘を頭方に圧すると、症状が大きく軽減

そこでもう一度股関節の可動域や繋がりを検査してみることにしました。そしてこのときにある点に気が付きました。
 
右の腸骨の上前腸骨棘という箇所を頭方に圧すると、症状が大きく軽減したのです。
 
カイロプラクティックでいえば腸骨の前傾偏位(AS)が疑われるところですが、ここで気になったのが「押せば軽くなり、手を放せば即座に症状が戻る」という状態だったことです。
 
手技の施術では軽い刺激でも筋の促通や抑制が得られ、ごく短時間ですが反応が持続することがあります。
 
カイロプラクティックなどではこうした反応を検査に応用して、異常の有無や状態を確認し治療に反映させていきます。
 
今回のケースでは、単なる骨格の偏位であれば、押したときの痛みの軽減や脚長差の現象といった、好ましい反応が10~15秒ほどは持続するはずなのです。
 
しかしこれがないということは、「骨の変形・変性を伴う関節異常があるという可能性」が出てきます。
 
どういうことかというと、「骨盤が前傾した位置で接触している個所に圧力の刺激が入ると痛みが出る異常」があるのではないか、と考えられるのです。
 
普通の股関節・骨盤であれば、ソケットとボール状である形態上の特徴から、狭い箇所に圧力が集中するということはありえません。
 
球形に合わせて均質に圧力が分散するはずなのです。
 
ニュートラルな状態で痛みが出て、関節や筋刺激でも変化がないということは、接触箇所に痛みを出す「何か」があるということになります。
 
そしてそれが考えられるのは、接触箇所が飛び出るように変形し「当たり」が強くなってしまっているか、接触箇所が組織的に脆弱となって「構造的に弱く」なっているかのどちらかなのです。
 

大腿骨頭壊死の可能性

ここまできて、私の頭にはある疾患が浮かびました。
 
それは「大腿骨頭壊死」という疾患です。
 
耳慣れない疾患だと思います。
 

大腿骨頭壊死とは

文字通り大腿骨の骨頭と呼ばれる部分が壊死してしまう疾患のこと。
 
骨頭への血流障害によって起こるとされていますが、その原因は定かではなく、誘因としてはステロイド剤の服用やアルコールの多飲が指摘されています。
 
ただし、ステロイドやアルコールを体内に入れる習慣がなくとも発症するケースも少なくはなく、今回いらした患者さんもどちらの条件も該当はしませんでした。
 
症状としては、歩くときや階段を上り下りするとき、また座った状態から立つときなどに股関節の痛みが生じます。
 
そして鼡径部やお尻から大腿・膝までの広い部分での痛みもよくみられます。
 
一旦回復して再発するケースもよくあるようですが、進行すると持続して股関節が痛み、鎮痛剤が必要となることもしばしば。

 

骨頭壊死といっても、最初から骨頭全体が壊死することはなく、主に股関節の受け皿である臼蓋部分に接触する箇所から始まり、徐々に骨頭全体に及んでいくパターンが多いです。
 
この部分的に壊死していない箇所があるときに適応されることがあるのが「骨切り術」と呼ばれる手術法です。
 
この方法は、骨頭部分をいったん外科的に切り離し、分離した骨頭を回転させて壊死部分が臼蓋に触れないようにし、荷重時は壊死のない部分で荷重を受けるようにする手術法です。
 
今回の患者さんで骨盤を押した操作は、骨切り術における骨頭の回転を骨盤側で行い、壊死部分の「当たり」を少なくしたことで痛みが軽減したのではないか、と私は推測しました。

整体ではなく、病院での検査をすすめる

ですから私が患者さんに早急にMRI検査を含む診察を促したところ、後日電話で初期の大腿骨頭壊死が見つかった、との連絡をいただきました。本当に良かったです!
 
大腿骨頭壊死は早期発見により、病期に合わせた対処がとても重要な疾患です。
 
特に減量や杖の使用などで患部の荷重を軽くして患部の機械的な負荷を減らすことは、大腿骨頭壊死の進行を抑えるのにある程度有効といわれています。
 
また日常生活の中で患部を愛護的に扱うことは、組織柔軟性の低下や筋力低下のような変化を及ぼす恐れが高いので、リハビリによる可動域や筋力の維持、生活指導も重要になります。
 
一方で内科的な対処は限られており、疼痛に対しては鎮痛消炎剤の投与で対処します。
 
圧潰が進んだり進行が予想されるときは速やかに手術適応となります。
 

早期発見がなにより重要だった

 
それにしても…今回の大腿骨頭壊死を見逃さなくて本当に良かった、と思います。
 
大腿骨頭壊死は、上にあげたような方法を用いてもなお進行防止が大きくは期待できないため、骨頭温存のための手術療法の時機を逸しないことが、なにより重要になります。
 
逆に言えば、疾患を見落として漫然と症状を追うような対処を続けていたら、いつか外科的にも対処のしようのない重篤な状態を招いたかもしれません。
 
あるいは手術を前にして十分な機能訓練を受けることがなく、手術後の回復の妨げになった可能性もあります。
 
私自身は整体の可能性と代替療法としての意義を信じて自由診療での施術を始めましたが、やはり徒手療法、あるいは治療院で「できること」と「できないこと」は明確にしておかねばならないと、改めて実感したエピソードでした。
 
逆に言えば治療院だからこそできることもある訳です。特に身体のコリや疲労はもちろん、坐骨神経痛やヘルニアなども、整体施術の方が有効の場合がおおいです。両者を上手く活用していただけことが、最も患者さんの健康的な生活に寄与できるのではないかな、と思っています。
 
あなたがもしお身体のことで疑問があれば、ぜひ当院をお訪ねください。
 
持ちうる知識と技術を総動員して、あなたのお悩みにお答えさせていただきます。

連絡先

連絡先